FC2ブログ

右門捕物帖 まぼろし燈篭の女 1961 - 時代劇無料動画チャンネル

右門捕物帖 まぼろし燈篭の女 1961

右門捕物帖 まぼろし燈篭の女 1961

大友柳太朗の右門捕物帖シリーズの第四話

佐々木味津三の原作を、「朝霧街道」の鈴木兵吾が脚色し、「八荒流騎隊」の工藤栄一が監督した。

撮影は「月形半平太(1961)」の吉田貞次。

南町奉行同心むっつり右門の四番手柄は、夏の一夜、深川佐賀町に往む備前弥一郎という浪人が惨殺された事件で始まった。

兇器は手拭に包んだ石という奇妙なもので、目撃者の弥一郎の妻奈美とその妹静、それに易者の南雲堂によれば、現場からとび出した職人風の男が犯人臭い。

右門は奈美から弥一郎が浪人したのは、三月前藩金一万両が盗まれた事件の責めを負ったと聞いた。

1961年

出演者:
大友柳太郎・進藤英太郎里見浩太郎、丘さとみ

応援、お願いします。

youtube
スポンサーサイト